Perun V3 Optical

取付方法【NEW】

v3-1.jpeg

Perun V3 Opticalは、Ver.3メカボックスのアナログ配線を通電効率に優れたMOS-FETの電子回路に置き換え、多数の新機能を追加する電動ガン用デバイスです。

ノーマルの電動ガンのスイッチでは、トリガーを引くたびにスパークが発生し、スイッチ本体が消耗していきます。
Perun V3 Opticalは、スイッチの消耗をほぼ完全に防止するだけでなく、回路全体の通電効率を最適化し、レスポンスの向上、サイクルアップにも寄与します。
また、ギア、トリガー、セレクタープレートの検出には全て光学センサーを使用しているため、Perun V3自体には物理的な摩耗が発生しません。
可動部品数を最小限に抑えることで信頼性を高め、すべての射撃モードがより正しく機能するように設計されています。

 

v3-3.jpeg

 

Perun V3 Opticalの特徴

セレクタの"SEMI"および "AUTO"の位置における、発射モードを任意に組み合わせて設定できます。
- セーフティ
- セミオート
- 2-5点バースト
- フルオート
射撃モードのみならず、アクティブブレーキ、プリコッキング、バッテリー保護のオン/オフ切り替えなど、すべての設定はセレクターとトリガーの操作のみで変更することができます。
例えゲーム中の激しい攻防戦の中にあっても、わずか数秒で設定を変更することが可能となっています。

 

■プリコッキング

Perun V3 Opticalの中でも、特筆すべき重要な機能の1つがプリコッキングです。
特に接近戦となるCQBの状況では、トリガーレスポンスが勝敗を大きく左右します。

プリコッキング機能をONにしておけば、トリガーを引く前にスプリングを予め圧縮し、ピストンを後方位置でスタンバイさせることができ、トリガーを引いた直後に弾を発射することができます。
Perun V3 Opticalではプリコッキング機能使用時、ピストンの停止位置をより正確にコントロールするために、セクターギアの位置、回転速度の検知には光学センサーを使用しています。
また、光学センサーがもたらす正確な検知を活用し、トリガーを引いた後には独自のスマートアルゴリズムにより、最低限必要な電力のみをモーターに伝達し、ピストンを正確な位置で停止させることができます。
この機能により電力消費量を節約することができ、合わせてモーターへの負荷を低減することもできます。プリコッキングはセミオート、バースト、フルオートの各モードで機能します。

 

■アクティブブレーキ

Perun V3 Opticalにはアクティブブレーキ機能があり、機能をONにすると射撃停止直後にモーターをすばやく停止させることができ、よりリニアなトリガーフィーリングへと変化します。
特に発射サイクルの高い電動ガンで、セミオートのオーバーラン(バースト)が発生した場合、アクティブブレーキが特に有効な解決策になります。
その他、フルオート射撃時にトリガーから指を離した際に、瞬時にモーターが停止するため、射撃フィーリングが劇的に向上します。
また、電動ガンを長期間使用しない場合、アクティブブレーキをオンにしてセミオートでの空撃ちをすることで、ピストンが再前進位置で停止し、メインスプリングのへたりによるパワー低下を防ぐこともできます。
モーターへの負荷を掛けたくない場合などでも、アクティブブレーキは簡単な操作でON/OFFの切り替えが可能です。

 

■バッテリー保護機能

Li-Poバッテリー使用時専用の機能で、バッテリーの電圧が一定の値まで低下した場合、30秒ごとに繰り返される短い音声信号で、バッテリーの電圧が低下していることを知らせます。
この機能も自由にオン/オフすることができます。

 

■ダブルショットモード

このモードを設定することで、誰でも簡単に素早いダブルショットを楽しめます。
このモードを有効にした場合、セミオートでは、トリガーを引いた時と戻した時、それぞれのタイミングで弾が発射されます。

 

v3-2.jpeg

 

Perun V3 Opticalの高性能な制御システムには、電動ガンの使用に最適な、耐久性と通電効率に優れたシリコンケーブルを使用しています。
また、低抵抗と高耐久性を兼ね備えた電子チップを採用しているため、高レートのメインスプリングを組み込んだ電動ガンでも使用可能です。最大で50発/秒までの発射レートにも対応しています。

 

互換性

Perun V3 Opticalは、主に東京マルイ製のスタンダードタイプメカボックスに準拠した、以下のメーカー製メカボックスで良好な結果を得ています。
E&L、LCT、G&G、Ultimate、A&K、PJ、JG、Cyma


しかし、ARES EFCSのように、適合メカボックスの派生モデルであっても、メカボックスの形状が大幅に異なるものには組込できません。
組み込むメカボックスには、適合メカボックスの標準的なスイッチ形状を備えている必要があります。

Perun V3 Opticalは、ダブルセクターギア(DSG)や、セクターギアの歯をカットしたショートストロークギアでも、適切な設定を行うことで問題なく使用することが可能です。
これはギアの検知に光学センサーを使用しているため、不正確な機械式のカットオフシステムに左右されることがなく、正確にギアの回転を検出し、フレキシブルなアルゴリズムにより正確な制御を行っているからです。
しかし、メーカーテストではダブルセクターギアではプリコッキング使用時の作動安定性が低く、正確な検知を行うにはプリコッキングをOFFにする必要がありました。
そのため、DSGを使用する場合は、当製品のプリコッキング機能をオフにしてご使用ください。